草刈り機の替刃を自作 コード+チップソー=最強!!

草刈り機の替え刃チップソーにナイロンコードをボルトナットで取り付けてみました。

チップソーは石など障害物に当たるとチップが欠けますが、
ナイロンコードのおかげで石や土手もへっちゃら。

まるで石垣際の魔術師なのです。

作り方や実際の草刈りの様子はオイラのYoutube
「次郎丸チャンネル」で公開しました。
ぜひご視聴お願いします。



草刈り機の替刃を自作

草刈り機の替刃には大きく分けて2種類あります。

金属製とナイロン製

金属製で代表的なものは
「チップソー」

ナイロン製は
「ナイロンコード」

それぞれの詳細はここでは省きますが、
チップソーにはチップソーの
ナイロンコードにはナイロンコードの
素晴らしい長所がれば
やっかいな短所もあるのです。

それぞれのイイとこ取りができればいいのですが…

チップソーの下(地面側)にナイロンコードを取り付け
二階建てで使う裏ワザもあるのですが、
これは重量が2倍になる訳で、
長時間使用する場合、
疲れも倍増され作業効率的に難点があります。

これはもう自作するしかない訳です。

ヒントは「風神カッター」

風神カッターなる草刈り機のナイロンコード替刃があります。

正式名「高儀 EARTH MAN 斬丸 ナイロンコードカッター 風神カッター TD-C」

このナイロンコード替刃は軽くてよく切れ使用感は抜群でした。
※効果効能はあくまで個人の感想です

風神カッターのレビュー動画は
オイラのYoutube「次郎丸チャンネル」で
確認してみてください。

この風神カッター、ムチャクチャ軽量で素晴らしいのですが、
いかんせんナイロンコード。
チップソーのように茎が太くて硬いアワダチソウやキクみたいなやつをスパスパ切るのは苦戦します。

そこで、風神カッターの本体部分がチップソーなら都合がいいな。
とオイラは安易に考えついてしっまたのです。

 

チップソーの穴を活用

チップソーは金属製なので軽量化するために本体は穴ぼこだらけです。
この穴にナイロンコードを通してコードの先が、
チップソーの外周より外に出ていれば
ナイロンコードつきチップソーが作れるのです。

ナイロンコードをハサミで切るだけで道具なしで
取り付けできるのですが、
草刈り機の刃はなんせ高速回転。
どう留めても緩んできます。

ナイロンコードはガッツリ留める必要がある!

との結論に至り、
チップソーの穴を利用して
ボルトとナットと大きめのワッシャを使い
しっかりネジ止めすることにしました。

ネジ止めの位置は中心付近

チップソーの外周付近の穴を利用すると
ナイロンコードは短く済み経済的ですが、
遠心力で凄い振動が発生して重量も発生してしまいます。

その点、中心付近の穴でネジ留めすれば
回転は安定して疲れも少なく、
あまり重量は感じません。

ということで、
中心付近にネジ留めすることにしました。

草刈り機自作替刃の試運転

実際に使ってみなけりゃ
イイのかワルいのかは分からない。

今使っている草刈り機の替刃はチップソー
と言うか、
使い過ぎてチップソーのチップが取れた
ギザギザの円盤を
電動ドリルにダイヤモンド丸ヤスリで磨き
目立てというかカッターの刃みたいに研磨したものが
くっついてます。
“我ながら色々DIYやってるもんです”

この替刃の作り方はオイラのYoutube
「次郎丸チャンネル」で閲覧してみてくださいね。

そいつを外して
今回作った、名付けて
「風神マッハ号」
取り付けます。

いよいよ実稼働

エンジンをかけて
畑の雑草地帯に突入です。

雑草は膝丈まで伸びました。
成長が早いです。

平地の雑草はチップソーでスパスパ。

チップソーでは近づくことも尻込みしてしまう
段々畑の土手ぎわや石垣も
ナイロンコードが飛び出ているので、
躊躇なく飛び込めます。

これは凄いものを作ってしまった!

作業効率が格段にアップしました。

石垣際の魔術師

草刈りのレジャンド

そう呼ばれてもおかしくないくらい
効率的に草刈りできます。

そんあに手間もかからず、
草刈り仕事の効率が上がる
チップソー+ナイロンコードの
草刈り機の替刃「風神マッハ号」

ぜひ作ってみたください。

 

 

コメント